KILLIAN HUNN

キリアンフン


造家夫婦による愛情が詰まったワイン

タイプの違う2人の醸造家

キリアン フンのワインは、16歳からワイン造りを始め自身の拠り所をブドウ畑とセラーとしているキリアンと、国内外のプロモーション活動やワインビジネスに携わるドイツ人女性団体のメンバーでもあるアクティヴなマルティーナによって造られます。フン夫妻は2人そろってワイン醸造家であり、愛情をこめてワインと2人の息子たちを育てています。  

ブドウ品種に合った土地


キリアンの父であるフェリックスが、1982年にこの地にワインエステートとタベルンを作り上げたことで始まったフン家のワイン造りは、レス(黄土)土壌で育つ瑞々しく香り高いブドウが要。また、一億4500万年前からある石灰岩地質は、ピノ作りに完璧な土地。自然に重点をおいたブドウ作りと、技術力に裏打ちされた勤勉なワイン造りは、様々な工程と対面するために大事な要素となっているそうです。

ドイツワインの60%は辛口


ドイツワインは「アルコール度数の低い甘口ワイン」というイメージを持っている方もいると思いますが、近年生産される全体の60%以上が辛口です。また、食事とともに楽しめる辛口のものが求められるようになったことから、 従来の辛口を表す表記(特定産地上質ワイン =QbAにtrockenなどと表記)に加え、 2000年には肩書付上質ワイン =QmP において「CLASSIC」「SELECTION」という辛口ワインの新たなカテゴリが誕生しています。参照:ASAHI WINE.COM)


ドイツ白ワインの代表的なブドウ品種について


ワイン生産量の中で白ワインが約70%を占めているドイツは、世界でも稀なスタイルのワイン生産国だとも言えます。それ故品種も様々。ここで、代表的な白ワインのブドウをご紹介します。

●リースリング:ドイツを代表するぶどう品種。

 ぶどうの完熟が10月以降と遅く、果実酸が豊か。

●グラウブルグンダー:まろやかな酸味、蜂蜜のような甘い香り。

●リヴァーナー(ミュラー・トゥルガウ):白い花やマスカットのような香りが特徴的で、爽やかな飲み心地。

●シルヴァーナー:飲みやすく飽きのこない素朴な味わい。フレッシュな風味が特徴で、フランス・アルザスでも栽培される。

●ヴァイスブルグンダー:エレガントな味わいを持つ品種で、柔らかな芳香とナッツ類の香ばしいアロマが特徴。

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/リースリング

和食やアジア料理と相性良し


例えば和食には、穏やかな酸味と適度なボリューム感の「リヴァーナー」、焼き鳥やタイ料理には、豊かな果実味でソフトな舌触りの「ヴァイスブルグンダー」が、揚げ物、韓国料理のチヂミや辛いチゲには、余韻がふくよかな「グラウブルグンダー」がよく合うと

言われています。

出典:https://style.nikkei.com/article/DGXMZO31817570V10C18A6000000/


商品一覧


この記事をシェアする。

Net Orders Checkout

Item Price Qty Total
Subtotal ¥0
Shipping
Total

Shipping Address

Shipping Methods