水戸部酒造
MITOBESYUZŌ
(山形)
水戸部酒造
水戸部酒造について

 将棋と山寺で知られた町、山形県天童市に水戸部酒造はあります。

1898年(明治31年)に初代水戸部弥作によって創業。100年以上の歴史をもつ、山寺を源とする立谷川(たちやがわ)の伏流水と地場産米で、当蔵のお酒は、全て純米造りです。

 原料本来の米の旨みを十分に表現するために、2010年、日本酒造りでは一般的に添加される醸造用アルコールの使用を廃止しました。 

 仕込み水は、奥羽山系の伏流水。 蔵の上流にある名刹「山寺」(やまでら)を源流とするミネラルを多く含んだ天然水で、硬度は約120です。 

 日本の天然水の平均がおよそ硬度50ですから、全国の蔵元の中でも有数の、かなり硬い部類の水ということになります。 これにより「銘刀の切れ味」と表現される、シャープで硬質なフィニッシュを特徴とするお酒が生み出されます。

スタッフの酒蔵訪問記録

以前、想いは願っていればいつか叶うというような事をここに書きましたが、今回もまさにそういった蔵元様との出会いでした。それは山形県に位置する 水戸部酒造様です。 個人的に「山形正宗」という日本酒は好きで、よく飲んでおりましたが、蔵元に会う事はできませんでした。 

初めて水戸部蔵元と会えたのは、池袋で開催された「日本酒マニアック博」でした。そこで、なんとガチャピンの着ぐるみを着てセミナーをされていました

( 写真を撮っておけばよかったです・・・)。 

そんな愛すべき水戸部蔵元ですが、お酒造りはいたって真面目でこだわりを持っています。今回、直接蔵を訪問することにより、その事がビシビシと伝わってきました。 

水戸部蔵元が蔵に戻って17年。今では800石になっており、特約店向けにお酒を醸してます。その特約店数は60と、極々わずかです。 もととなるお米にもこだわっており、農業法人を立ち上げて地元を盛り上げていらっしゃいます。今は10ヘクタール(30%分)を自前のお米で醸しているそうですが、将来は80%まで増やして行きたいという目標を聞かせてくださいました。

水戸部酒造

もちろん、こだわりはお酒造りにおいても同様です。「ぬけがけ法」という、酒米を薄く盛る方法。これによって、肌感覚で蒸しが良くなったとおっしゃっていました。また、搾りも朝・昼・晩で試してみて、その味の違いを比べてみたりと、新しいことにチャレンジされています。生酛も挑戦9年目に入ったが、まだまだ分かっていないことが多いと、遠い目をされていました。

45歳の蔵元。まだまだ挑戦の毎日だそうですが、なんと、日本酒の枠をとび越えて、生ハムの輸入販売もされています。生ハム・・・。日本酒と全く関係ないように思えるのですが、水戸部蔵元が醸す「純米吟醸 まろら」とよく合うんです! 今月のキャンペーンで紹介をさせていただいているので、是非合わせてみてください。 ↓↓↓

そんなお茶目で(失礼します!)真面目な蔵元様ですので、会えてますます好きになりました。

水戸部酒造 生ハム

水戸部酒造のお酒を見る


Net Orders Checkout

Item Price Qty Total
Subtotal ¥0
Shipping
Total

Shipping Address

Shipping Methods