日本酒旨口タイプ編おすすめ4選|合う温度・酒器・ペアリング徹底解説

日本酒味わい4タイ旨口タイプ編
JSAの味わい4タイプについて

旨口タイプ編

新酒や夏酒、ひやおろしなど

四季を通じて様々な味わいが楽しめる日本酒ですが、

ざっくり分けると4つのタイプに分類することができます。

(ここではJSAの4タイプ分類に沿って説明しています。) 

本記事では、それぞれが持つ香りと味の関係性をおさらいし、

その特性に合う最適な温度帯の目安、酒器、食材や

料理のペアリングについて分類・解説します。


一般社団法人

ジャパン・サケ・アソシエーション(JSA)では、

日本酒を大きく4タイプに分けています。

日本酒 フルーティータイプ

フルーツを思わせる華やかな香り。香気成分であるカプロン酸エチルのリンゴやパイナップルの香り、酢酸イソアミルのメロンやバナナの香り、さらには4mmpのライチや白ブドウの香りがするものがある。味わいは、甘味がありジューシー。雑味が少なく透明感が感じられる。程よい余韻。味の濃淡[淡]

日本酒 軽快タイプ

一般的な淡麗辛口は、主にこの「軽快タイプ」にあたる。柑橘やハーブなど爽やかな香り。味わいは、さらりと軽くキレがある。余韻は短めで、後口さわやか。冷やしてキリッと楽しめるのはもちろん、温度を上げると米の旨味が顔を出す。味の濃淡[淡]

日本酒 旨口タイプ

一般的に「生酛」「山廃」といった米由来の香りや旨味をしっかり感じられる造りは「旨口」にあたる。ふくよかで時に乳製品を思わせる香り。味わいは、米本来の甘味、旨味があり、丸みがある。余韻はやや長め。日本酒本来の魅力がつまった旨口タイプを最大限楽しむには温度がキーポイント。味の濃淡[濃]

日本酒 熟成タイプ

時間が作り出した複雑な味と香りが魅力の「熟成」タイプ。熟成酒に明確な定義はないが、長期熟成酒研究会では「満3年以上蔵元で熟成させた、糖類添加酒を除く清酒」を熟成古酒と定義している。ナッツやドライフルーツ、スパイスなど力強く大人な香り。カラメルソースにも似た特有の熟成香は、紹興酒に例えられることも。 味わいは、時を経て作られる複雑さと濃厚で深いコク。余韻は長め。色味も、年を経るほど濃い褐色へと変化する。味の濃淡[濃] 

今回は旨口のタイプ

適温度・向く酒器・ペアリング

について見ていきましょう!

その他タイプはこちらから
フルーティタイプ編
軽快タイプ編
旨口タイプ編
熟成タイプ編

3.旨口タイプ


長時間飲んでも飽きないタイプ

香りは控えめで、米の旨味が感じられ、食事をしながら飲み続けても疲れない。

米由来の香りを楽しむなら20度以上を推奨

20度はほんのり冷たさを感じる温度。隠れていた香りが顔を出す。

●40~45度:酸味の角が取れマイルドに。

●55度:ここまで上げると、米の香ばしさが増す。


\レンコンの辛みそ炒めに合う!/

レンコンの辛みそ炒め

出典: https://epark.jp/ichie/wineglass-fashionable/


おわん型やや高さのあるぐい飲み

香りが強くないため、丈が短めの、鼻先を近づけて飲むぐい飲み形が向いている。旨味とボリューム感が味わえる。


日本酒 酒器 おちょこ とっくり


ボディのある食材としっかり味付けされたお料理によく合う

濃い国の味付けや程よく脂がのった食材によく合う青魚や牡蠣など、お酒の合わせ方によっては臭みと感じられてしまう風味も、日本酒が上手く包んでくれる。ほかにも、チーズや味噌など発酵食品とも相性は抜群!

合う食材:ごま油、醤油、味噌、チーズ、根菜、鯖やいわしなどの青魚、バラ肉(豚・牛)

料理例:レンコンの辛みそ炒め、手羽先の甘辛煮、すき焼き、筑前煮、トリッパ、チンジャオロース、じゃがいものチーズ焼き、鯖の味噌煮

手羽先の甘辛煮

出典:https://www.club.t-fal.co.jp/recipe/detail/1353/


玉川 自然仕込み 山廃純米 無濾過生原酒 720ml

玉川 自然仕込み 山廃純米 

無濾過生原酒 720ml


日本人よりも日本を愛するハーパー杜氏の醸すフルボディ

陸奥八仙 特別純米酒 720ml

陸奥八仙 特別純米酒

 720ml


綺麗なのに旨み豊か、贅沢を両立した一本

五人娘 生原酒 720ml

五人娘 生原酒 

720ml


大自然が育む米の旨みを存分に味わえるビオな逸品

竹葉 八百万ノ肉専用特栽米生もと 純米生原 1800ML

竹葉 八百万ノ肉専用特栽米生もと

 純米生原 1800ml


牛・豚・鳥・ジビエにサラミにソーセージ!肉を美味しく食べたいならコレ

その他タイプも見る
フルーティタイプ編
軽快タイプ編
旨口タイプ編
熟成タイプ

世界に通用する日本酒の資格「SAKE EXPERT®」

SAKE EXPERT 受講
SAKE EXPERTとは

「国酒から“国際酒”へ」をテーマに、日本酒や本格焼酎、泡盛といった和酒の文化・歴史・おいしさを正しく発信するプロフェッショナルを育成する「JSAサケ・アカデミー」が運営する日本酒の資格です。

資格取得をするには、指定の講義を受け、その後試験を行う流れとなっています。※現在はオンラインのみ講座を開講しています。

SAKE EXPERT オンライン講座

家に居ながら資格取得が可能!

日本酒の資格「サケ・エキスパート」が取得できるオンラインセミナーが定期的に開催されています。テキスト一式はもちろん、試飲の日本酒4種と白ワイン1種がフルボトルで届いて受講料は据え置きとなっており、対面講座よりもお得なのではないでしょうか。講義後は学習した内容を活かして、様々なペアリングをお家でじっくり試すのも良いですね。


SAKE EXPERT これまでの対面講座

2020年に講座の中身が一部改訂されています。香り、温度、そしてワインとの比較と、以前はテキストを読むのみだった内容が実体験できるようになり、より一層理解が深まるものとなりました。


「清酒官能評価標準試薬」という、プロが使用する香り見本を新たに導入。日本酒の製造・出荷管理の現場で必要となる、19種類の香りの識別能力の習得を目的とした試薬を使って、日本酒を学ぶ上で必要不可欠な吟醸香に加え熟成香やオフフレーバーも実際に嗅いで体験できます。 ※現在のオンライン講座では行っておりません。

SAKE EXPERT ペアリング体験

「温度」では同じお酒を冷・燗酒で用意し、チーズとのペアリングを試します。

また、「牡蠣にはシャブリ(白ワイン)」といわれているが本当にそうなのか、同じように旨みの詰まった貝ひもを使って、日本酒とワインの味覚の違いを味わいます。

イタリア、タイ、ブラジルなど、JSA講座の開催国が続々と増えており、海外からの日本酒に対する興味が深まっているようです。日本酒を最大限楽しむには、知識を深めることも大切です。


今回はJSAの味わいタイプ別に沿って、各タイプの特徴とともに、最大限美味しく楽しむための温度・酒器・ペアリングについてご紹介しました。概要は掴んでいただけましたでしょうか?特にペアリングについては、日本酒単体で飲むときと、お料理と合わせて飲んだときの味わいに違いが感じられると思います。その変化を是非じっくり楽しんで頂きたいです。

〈参考: JSAサケ・エキスパート テキスト〉


この記事をシェアする

Net Orders Checkout

Item Price Qty Total
Subtotal ¥0
Shipping
Total

Shipping Address

Shipping Methods