白身のカルパッチョに合うおすすめワイン

カルパッチョはお肉料理?


日本でおなじみのカルパッチョといえば、刺し身の洋風仕立てといったところが一般的ですが、実は本場イタリアでは薄切り生肉にソースやチーズを振りかけた料理なんです。しかし日本では生肉を食べる文化がなくどうにか日本人に親しまれるようにと赤身のマグロになり、それがタイなど白身魚になり広がっていきました。

また、鮮魚をあまり食べる文化がなかった欧米でも食文化が多様化したことでついにはイタリアに逆輸入される形で、現在イタリアで生魚を使ったカルパッチョも食べられるようになったんだそう。

今ではカジュアルなレストランや居酒屋さんでも定番の前菜となっていますよね。基本の食材は生魚の切り身と塩、オリーブオイル。アクセントにコショウやレモン、ハーブなどを添えて味に変化が付きます。身近にある食材で簡単に作れるのでお家で気軽にワインと合わせて楽しみたい一皿。

ペアリングのポイント


魚介カルパッチョやっぱり白ワインとの相性が抜群!

レモンの酸味白ワインの柑橘の香りや酸味は特に相性がいいです。魚介とミネラル感のある爽やか味わいのワインを選ぶのもおすすめ。

シンプルな料理なのでオリーブオイル、レモン、塩、コショウの基本ソースはもちろん、付け合わせの野菜やハーブなどで香りや味わいの表情が変わります。そんなシンプルな味わいの白身のカルパッチョにに寄り添うおすすめの2本をご紹介します!

柔らかい口当たりのワインを選ぶ


シチリアの土着品種であるインツォリアとジビッポからつくられる微発泡タイプのワイン。ジビッポは別名マスカット・アレッサンドリアと呼ばれ香り高いマスカット系品種でなめらかな味わいがあります。

バヒラの香りのボリュームと少しオイリーな印象がカルパッチョのオリーブオイルと魚の軽い脂身との相性がよく、タイのねっとりした食感や甘みとワインの柔らかい口当たりともぴったりです。食事の最初のワインとして最高!


品種:インツォリア60 % 、ジビッボ40%

人気品種シャルドネでシンプルに


言わずと知れた人気品種のシャルドネ。キリビンビンシャルドネはボリュームとバランスのいい酸味があります。家にあれば間違いないお食事に寄り添うコスパの高い一本!ワインの酸味と程よい樽感がタイの甘みとのボリュームがマッチして食材とワイン双方の旨味が心地よく広がります。


品種:シャルドネ

ブラザーズインアームズ(オーストラリア/ラングホーンクリーク)

ワイナリーのオーガニックオリーブオイル 


ピュアで果実感のある味わいは、料理を引き立てるのはもちろん、そのままパンにつけるだけでも驚きの美味しさです。ノンフィルターでフレッシュな香りが広がります。

7haのポッセンテのオリーブ畑には、樹齢が様々な2000本の木が植えられていて、オーガニックかつサスティナブルな農法を取り入れています。収穫は手摘みで行い、速やかに自社工場で搾油することで品質を保っています。

原産国:イタリア/シチリア州

品種:チェラスオーラ、ノチェッラーラ・デル・ベリーチェ、ビアンコリッラ

オーガニック情報:EUオーガニック認証

この記事を書いた人


うらーら(営業企画)

ソムリエ

三度の飯より猫が好き。もちろん飯も大好き。な超平凡社会人。好きな言葉は「酒は飲んでも飲まれるな」

Net Orders Checkout

Item Price Qty Total
Subtotal ¥0
Shipping
Total

Shipping Address

Shipping Methods