生春巻きに合うワイン

ベトナムの家庭料理「生春巻き」


元は中国の春巻きが起源の米粉から作られるライスペーパーで野菜やエビ・鶏肉などを巻いたベトナム料理です。日本で一番有名なベトナム料理かもしれません。デパ地下のお惣菜コーナーの定番と言っていいほど見かけますよね。

ベトナムの家庭ではライスペーパーや具材をテーブルに並べて日本の手巻き寿司のように各々セルフで巻いて食べるスタイルが一般的なんだそう。家族やお友達を招いて手巻き寿司パーティーならぬ手巻き春巻きパーティーも楽しいかも!?
今回はそんな生春巻きに合うおすすめペアリングをご紹介します♪

ペアリングポイント


相性がいいのは白~ロゼ、前菜として食事の最初に食べることも多いのでスパークリングワイン。生春巻きの味の決め手はやっぱり甘辛いスイートチリソースですよね。果実の甘味とアフターのスパイス感が特徴のゲヴェルツトラミネールの辛口白ワインやフレッシュな果実味を持つプロセッコもおすすめ!エビなどの魚介類をいれたものはミネラリーなワインと良く合います。

前菜として食べるならプロセッコが◎


プロセッコはイタリアのヴェネト州でグレラというブドウ品種から作られるフレッシュなスパークリングワインです。生春巻きはお食事の最初の方に食べることも多いので泡と合わせて。スイートチリソースの甘さとプロセッコのほのかな甘みを感じる果実味がよく合い、辛味も和らげてくれます。野菜のシャキシャキ感とワインの爽やかな泡の飲み口が夏の暑い日にも食が進む組み合わせです。


品種:グレラ100%

エキゾチックなゲヴェルツトラミネール


ゲヴェルツトラミネールの代表産地はフランスアルザス地方とドイツ。ライチや花の華やかな香りとスパイスの香りが特徴のブドウ品種です。

ゲヴェルツのバラやライチの甘やかな風味とスイートチリソースの相性、ワインの口当たりが柔らかいので生春巻の皮のもっちりした舌触りが口の中で優しく馴染みます。魚介ではなく鶏肉を入れた生春巻きもいいですね。ワインに少しエキゾチックな果実やスパイシーな風味があるのでエスニックの雰囲気と相性抜群です!


品種:ゲヴェルツトラミネール100%

トロピカルフルーツのニュアンスが好相性


 グリッロというブドウ品種は少し聞き慣れないかもしれません。イタリアのシチリアの土着品種で、グリッロから作られるワインはトロピカルフルーツの華やかな香りとフレッシュな酸味が特徴です。
生春巻きの皮のお米の甘みや柔らかい質感が、ワインのボリューム感や果実味とマッチ。キュウリなどの生野菜の青い風味を感じさせることなくスムーズにお食事を楽しめる組み合わせです。

品種:グリッロ100%

ポッセンテ(イタリア/シチリア)

この記事を書いた人


ぬっきー(広報)

ソムリエ

栃木県出身。アパレルや医療関係と、お酒とは関係のない仕事をしていたが、「この仕事をずっとやって生きていくのか」と自問自答。本当に好きなことを仕事にすべく、社長にラブレター作戦で柴田屋に無事入社。今は広報としてそして、柴田屋のいちファンとして、日々会社の魅力発信に勤しむ。無人島に何か1つだけ持っていけるとしたら、無限に尽きないシャンパーニュがいい。

Net Orders Checkout

Item Price Qty Total
Subtotal ¥0
Shipping
Total

Shipping Address

Shipping Methods