神亀酒造
SHINKAMESYUZŌ
(埼玉)
神亀酒造について

    神亀酒造は江戸時代末期の嘉永元年(1848年)創業。当時の屋号は伊勢屋本店でした。昭和62年(1987年)には、仕込む酒のすべてを純米酒に転換。戦後初の全量純米蔵になりました。

「神亀」は、かつて蔵の裏手にあった「天神池」に棲むという「神の使いの亀」に因んだ銘柄名。「ひこ孫」とは曽孫の意、三年以上の熟成を経た酒に冠らせる銘柄です。

 「とにかく良い米を。」と求め続けて、有機栽培の酒米を使い始めましたが、仕込んでみると、醗酵の経過も、酒の生命力も全然違う。「酒は、米から。」という事実を再認識することになりました。

 時間による熟成が加わることで、酒の味はさらに豊穣なものへと開花していきます。

 これからも、米の良さが伝わるような、じっくりと熟成させた豊かな味わいをお届けしたいと思います。





神亀酒造のお酒を見る



Net Orders Checkout

Item Price Qty Total
Subtotal ¥0
Shipping
Total

Shipping Address

Shipping Methods