南部美人

南部美人

NANBUBIJIN

(青森)

南部美人について


 創業1902年、南部杜氏の洗練された技術と伝統を現在に受け継ぎ、「酒造りは何年やっても、毎年が一年生。」という言葉を胸に酒造りに実直に取り組んでいます。

全国新酒鑑評会では6年連続金賞受賞、IWC2017では特別純米酒がチャンピオンサケを受賞。また、現在は28カ国・地域へ、海外での安心安全の基準である「コーシャ(kosher)」認定を取得した清酒・糖類無添加リキュールを輸出しています。甘味料を一切使用しない糖類無添加リキュールは製造技術で特許を取得しており、麹由来の自然な甘さが人気です。

五代目蔵元  久慈 浩介

    

    地元二戸市の福岡高校時代に参加した米国留学をきっかけに家業である「酒造り」への興味が目覚める。

 日本酒の醸造スペシャリストが集まる東京農大醸造学科に進学し、大学2年から4年まで宮城県仙台市の勝山企業株式会社酒造部で「大学生の大吟醸」を東京農業大学醸造学科の小泉武夫教授の指導で造る。大学3年の時には9号酵母で有名な熊本の「香露」で実習。

 日本酒以外でも沖縄県石垣島の泡盛「八重泉」で夏の間2年間アルバイトをして製造から営業まで他酒類の勉強にも励む。


 大学卒業後東京の南部美人総代理卸の(株)小泉商店での研修を経て、「南部美人」に戻り、製造部長として酒造り全般を指揮。2年目に初めて仕込みを任された大吟醸で全国新酒鑑評会の金賞を受賞。その後、全国新酒鑑評会をはじめ様々なコンテストで金賞受賞。その中でも日本最大の杜氏派閥である「南部杜氏自醸清酒鑑評会」で2001年、2002年と2年連続(合計4回目)の首席第1位を獲得。 海外のコンテスト「モンドセレクション」では、8年連続のゴールドメダルを受賞するなど、輝かしい受賞歴を誇る。

 2005年には岩手県青年卓越技能者表彰を最年少で受賞。


南部美人 のお酒をみる


Net Orders Checkout

Item Price Qty Total
Subtotal ¥0
Shipping
Total

Shipping Address

Shipping Methods