泉橋酒造

泉橋酒造
IZUMIBASHISYUZŌ
(神奈川)
泉橋酒造について

   2,000年以上の歴史を誇る穀倉地帯 米作りにこだわり続ける、泉橋酒造の歴史をご紹介します。 

 泉橋酒蔵の創業は、江戸時代の安政4年(1857年)。県内有数の穀倉地帯である海老名耕地(えびなごうち)に蔵を構え、潤沢な米と丹沢山系の伏流水という自然の恵みを生かした酒造りを始めました。 

 2006年からは「全量純米蔵」としての歩みを進めます。2016年には「栽培醸造蔵」を商標登録し、地域の特色を大切にした酒造りを進めてきました。昔ながらの製法にこだわり、伝統的な「生酛造り」による自然な味わいを大切にしています。


 いにしえの人たちによって守り受け継がれてきた米作りと酒造り。

この伝統を次の世代へと繋いでいくために、泉橋酒造は栽培醸造蔵として歩み続けています。



紹介動画



泉橋酒造では、すべての酒米を自社精米しています。そのうち90%は地元・海老名で栽培されたもの。

農家とともに米作りをするからこそ、土壌の特性や生産者の個性、そしてそこから生まれる米の特徴を知り尽くしているのです。

田んぼごとに原料米を管理し、適切な精米(扁平精米法を含む)を見極めています。




紹介動画  〜酒造り編〜



寺田本家のお酒を見る


お酒のご紹介動画  

Net Orders Checkout

Item Price Qty Total
Subtotal ¥0
Shipping
Total

Shipping Address

Shipping Methods