CASA ROJO紹介

生産者紹介  

CASA ROJO 

(カサロホ)  

高い品質と遊び心あふれる

ラベルデザインに惹かれるファン多数!

今回は弊社取り扱いワインの中でもトップの人気を誇るスペインのワイナリー【CASA ROJO】をご紹介します!

CASA ROJO ワイン

CASA ROJO(カサ ロホ)は、2009年ホセと彼の妻ラウラによって、制限のない自由で新しい形のワイン造りを目指しスタートしました。

2015年より彼らの故郷である、スペイン南部アンダルシア州に位置するフミーリャを拠点とし、ワイン造りを行っています。

ブドウ栽培・醸造からラベルデザインまでをプロデュースし、毎年ヴィンテージによってエチケットデザインを変更。常に新しくリエイティブな精神をもったワイナリーです。ボトルを飾っておくだけでも空間がおしゃれに。ついつい集めたくなります。

CASA ROJO ワイン

日本の春に想いをよせて

ホセとラウラの出会いはなんと日本!2007年、二人は仕事で訪れた東京で出会いました。ホセのタトゥーには「東京」、ラウラにも富士山や日本に関する文字が刻まれています。ちなみに彼女の最初のタトゥーは日本で入れたのだとか。

ホセとラウラ 東京

そんな思い出の詰まった日本をイメージして作られたのが『HARU』というロゼワイン。花々や甘酸っぱいイチゴ、フェンネルなどハーブを感じる、まるで春が来たようなフレッシュなワインです。

エチケットで楽しむ
マッチョマンモナストレル

カサロホのアイコン的ワイン『マッチョマン』。フミーリャ地方を南下した、ラ・ラハ渓谷で育ったモナストレルを100%使用したパワフルなワインです。

このエチケットのマッチョマンは、生産者のホセがモチーフ。彼のひげや髪形が変化したりタトゥーが増えるごとに、ラベルも少しずつ変わってきています。さらに世界的な影響力を持つワイン専門誌ワインスペクテーターの『THE MOST EXCITING WINE OF 2020』TOP 10090点の高得点を獲得見た目のかわいさだけでなく、味わいも折り紙付きです。

マッチョマンモナストレル
マッチョマンモナストレル
マッチョマンモナストレル
マッチョマンモナストレル

ホセとラウラが最も大切にしているのは幸せでいること。自分自身が一番楽しみ、そして今を最大限に味わうこと。

そんな彼らが作り出すワインを、ぜひお試しください♪

ホセとラウラ

日本で買えるラストチャンス

MUSSOシリーズ※終売予定

¥1,650
¥1,650

THE WINE GURUS シリーズ

¥4,400
¥4,400
¥2,100
¥2,600
¥8,800
¥1,800
¥3,190

この記事をシェアする

selesta  Instagram↓

Net Orders Checkout

Item Price Qty Total
Subtotal ¥0
Shipping
Total

Shipping Address

Shipping Methods